スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

web拍手 by FC2

第二部第一二話「邪気祓いたち」

第二部の第一二話、できました。

pdfのファイルをつくる際に、ずっと不要なフォントが書き込まれてて、いったいどうなっているんだろうと思っていたのですが、ヘッダの改行文字にフォントが指定されていたり、欧文のみのフッタに合わせて不要の和文フォントが指定されていたり、ということだったようです。ちまちま書式で検索していったら特定できました。

DTPとかでなく、wordで編集してそのままpdf化しているせいなのでしょうけれど、見えない文字にフォント指定するのは辞めて欲しいと、道具を使いこなせてない自分を棚に上げて小憤慨しておきます(情けない)。

さかのぼって全部のファイルのフォントの状況を見直すのはしんどいので、ひとまず今後気をつける、ということにします(見た目は変わらないわけですし)。

ようやく、ずっとこういうの書きたかったんだよなぁ的な部分に入ってきました。ヒロインには申し訳ないけれど、ちょっと酷い目にあってもらうのです。追記はいつもどおり冒頭二〇行。よろしくお願いします。


 ねえ、ケイくん。あたし、何か間違えてた?あたし、友達なんて、作っちゃダメだった?教誨師は、一人の殺し屋として、ただ一人の殺人者として、生きてかなきゃダメだったの?
 ねえ、ケイくん以外の人と遊んでたから、こんな罰が当たったの?
 はるみさん、ねえ、あたしなんでこんなところで転がってるんだろうね。ねえ、おなか、おなかが痛いよう。ねえ。血が、血がどんどん出てっちゃうよ。はるみさん、はるみさん、……。
 どうして、こんなことになっちゃったんだろう……。
 こんな、仕事でも何でもなくて、お友達と、お買い物に来ただけなのに。……
 門限も関係ない、制服だって着てる、学校のお友達と、お買い物に来ただけなんだよ?
 ……。
 違う。そうじゃないんだ。お友達、って思ってたのは、あたしだけだったのかも。……でも、どうして?
 どうして?
 どうして?
 どうして?
 お願い、誰か、誰か答えて。
 ……。
 負傷自体、あるいは負傷した箇所の痛みそのものよりも、精神がほぼパニックに近い状態で、どう行動してよいか判断ができない。致命傷というほどではないことも、今手当をすれば助かるということも、理解はできる。だが、ではどうすれば、ということの答えは、思い浮かべることができない。


続きはお手数ですがpdfで。>第二部第一二話

web拍手 by FC2

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Author:niseki.oku
ニセキと申します。文字系の出力の人ですが、拝見するのはイラスト系サイトさんが多いです。
リンク/アンリンクはご随意に。

リンク
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。